モクセイアゲハ Pazala timur

しばらく出張していて更新が途絶えた。

府内でももうギフが飛びそうな季節なのに研究室にいくだけでがつまらない。

こんな時間まで起きている→早起きできないので遠出できず

仕方ないのでギフチョウみたいな蝶をラオスのフォルダの中から探してみた。



見つけたのがこのモクセイアゲハ Pazala (Graphium) timur。春の初めにしか発生しない蝶だし、斑紋もどこかギフに似ている。♀は特に黄色味を帯びるのでよく似ていると思う。

d0147002_2164593.jpg

d0147002_2174822.jpg
近縁種にアサクラアゲハ Pazala eurousがいて、これを採りに台湾に行ったとき、枯れ木色の山肌に梅の花が気まぐれに咲いていた。アサクラの舞う環境は日本の風景によく似ており、春先は季節の推移も日本とさして変わらないようだった。

今回のラオス行ではアサクラはお目にかかれなかったが、多数のモクセイが出迎えてくれた。♂は鮮度の悪い個体が多かったが、河原に吸水にくる♀(!)は新鮮なものも交じった。モクセイ♂は白いものに惹かれるらしく、蝶道に白いシャツを置いておくと興味をもってスピードを落としていった。
[PR]
by travel-fox | 2010-04-06 02:19 | ラオス