滝道昆虫さん訪問

すこし前のことです。
箕面にある滝道昆虫さんのところへ行ってきました。
目的は、とある図鑑を譲っていただくため。

予定より1ヶ月近く遅れてしまいましたが、きちんと「おとりおき」されていました。ほっ。

目的の図鑑とは別に、韓国産蝶類の分布図に焦点をあてた図鑑も見せてもらいました。
DISTRIBUTION ATLAS OF KOREA
高麗大学のチームによるものです。
60年台の本です。
韓国は虫屋が少ないと思ってますし、虫屋文化がなかったのかと思いましたが、
どうやら過去には盛んな時期があったようです。
現在北朝鮮になっている韓半島北部も含めて、標本のラベル産地がプロットされている、優秀な本でした。
産地名は漢字とアルファベット表記なのも嬉しい限り。
最近の韓国の図鑑はハングル表記が多いです。
国内で売れるようになってきたからかな。
韓国でも虫屋人口が増えつつあるようです。
著者ら自ら確認(たぶん生息を確認)したものは黒丸に、標本からのみの情報は白丸で表されていました。
流石に北朝鮮は白丸ばっかりです。


私が集めているフタオの標本(タイ産)もどこからか探しだしてくださってようで
「もってかえるか」
と箱に詰めてもらいました。

ミャンマー・シャン州で採集した個体とウリ二つ。
「ああシャン産は新亜種にはならんかな」とこの標本みて思いました。

展翅板何本かひっさげて帰宅。早速展翅。
展翅すると展翅板の体積が2倍くらいになるのでコンつめてやると
部屋が狭くなるのが難点です。

滝道昆虫HP
http://www.eonet.ne.jp/~takimichi-insect/
[PR]
by travel-fox | 2012-07-24 20:40 | 近況報告