ミヤマウスバシロチョウ

この探索中、ツェルマットの町に滞在し、リフトを使って上がり蝶を撮影しながら下山していた。最初はどこを探していいのか分からないのでスタッフェル・アルプという終点から歩いていた。アルプ(森林限界)の名の通り、リフトを降りたところは木々もない草地だったのを覚えている。そこから徐々にツガなんかが生え始め蝶も多くなっていった。そこで最初に見つけたのがアポロより高標高地に生息するミヤマウスバだった。
d0147002_2112770.jpg
キク科植物から吸蜜する♂
d0147002_2114968.jpg
キク科植物から吸蜜する♀
d0147002_212144.jpg
地面で翅を広げる♀
吸蜜する際には黄色い花を好むらしい。

2007年
[PR]
by travel-fox | 2012-08-27 21:07 | スイス