チビフタオの産卵

フタオ類の♀はどれも♂に比べて珍品である。でも最近出会う機会が徐々に増えてきた。♂が縄張りを張っている場所で食樹の近くで待っていればボロでもとりあえず採れるようだ。
この日もPolyura athamasの♂が飛び交う水辺の空間で1頭だけ大型のPolyuraが飛んだので追跡してみると♀の産卵シーンに出会った。
d0147002_0352441.jpg
何の変哲もないマメ科ネムノキ系の植物に産む。よく服やネットをトゲにひかっける厄介な植物である。
d0147002_0362181.jpg
産卵直後の卵。
d0147002_036433.jpg
しばらく経つと環紋がでてくる。フタオはジャノメに近いと言われるが、この一事からも納得できる。
d0147002_038711.jpg
これは別の場所で後輩が見つけたP. athamasの幼虫。この場所は既に端境期だったのか、ボロの♂が1頭見られたのみ。

南シャン州
[PR]
by travel-fox | 2013-02-05 00:39 | ミャンマー