タグ:吸水・吸汁 ( 47 ) タグの人気記事

d0147002_19473474.jpg

8月にも発生しているらしい。
[PR]
by travel-fox | 2013-08-18 19:48 | ラオス
d0147002_19345448.jpg
d0147002_19403999.jpg

撮影は初めて。
[PR]
by travel-fox | 2013-08-18 19:42 | ラオス
d0147002_1159246.jpg
川原で吸水するエグリゴマダラ。吸水のときの飛翔は緩やかで、まるでマダラの1種のよう。

チャンパサーク県
[PR]
by travel-fox | 2012-10-13 12:01 | ラオス
d0147002_13463215.jpg
湿った地面から吸水するヤリサスフタオ

10時半頃から現れた。午後になってもナンプラーなどによく飛来した。今回は他のPolyuraは見られず。

ビエンチャン
[PR]
by travel-fox | 2012-10-08 13:49 | ラオス
d0147002_154211.jpg
犬の糞に集まったソロンフタオ(左)とチャイロフタオ(右)

ソロンフタオはこれまで神出鬼没で、中部で1頭採ったきりだった。特別に珍しいとも思えないが狙うのは難しい蝶である。この場所では2010年の2月に1頭の目撃があるのみ、その後5月に2度来ているがソロンは見られなかった。今回は4頭見ることができた。ナンプラーには集まらず、犬の糞によく吸汁していた。

ビエンチャン
[PR]
by travel-fox | 2012-10-08 01:59 | ラオス
d0147002_22493624.jpg
地面から吸水する♂
d0147002_22495015.jpg
コンクリートから吸水する2♂
d0147002_2250560.jpg
食樹の近くで翅を開く♀
すべて江原道

ヒメフタオ属を思わせるような裏面とタテハらしい表を併せ持つカッコいい蝶。♂の数は多く、道路上で吸水して車に轢かれたものをいくつか見た。♂がニレ科の食樹近くを飛びまわっていることも多かった。♀はとても少ない。
[PR]
by travel-fox | 2012-07-07 22:53 | 韓国
d0147002_22201877.jpg
クリの枝先で縄張りを張る♂
d0147002_22202721.jpg
d0147002_22203535.jpg
縄張りを張る♂を見下ろせた
d0147002_2220479.jpg
牛糞(?)から吸汁する♂

この辺りのオオムラサキは昨年から個体数が増したという。日本でも2年前から個体数が増し、縄張りを張る山頂など大変なことになっている。
韓国でもたくさんの♂が縄張り争いをしており、エゾエノキの周りでは♂が♀を探して飛び回り、仮に産卵に訪れた♀がいたとしてもこれではゆっくり産卵できないだろうと思った。印象的だったのは縄張り開始がとても早いこと。写真に残っているものだけでも8時半には既に縄張り行動を始めている。現地に着いたのが7時40分だったから、印象からして8時過ぎには何頭か飛んでいたと思う。

そして、もう一つ印象的だったのが、明るい緑色のネットに寄ってくること。地面に伏せておいても降りてきたので、「何かにとまろうとして」近づいたのではないと思う。更に、ネットの中で腹部を曲げて交尾器を開いた♂もいたので配偶行動と関係があるのかもしれない。緑のネットと♀の見え方が似ているのだろうかと思ったりもした。ちなみに、日本のオオムラサキはどうなのかと思い、近所の山の山頂に行って同じ緑ネットを立てたり振ったりしてみたが全く反応がなかった。
[PR]
by travel-fox | 2012-07-07 22:29 | 韓国
この日はナンプラーを使って吸水する蝶を集めました。これまではエビ味噌を使うことが多かったのですが臭いが強烈なので今回はやめました。固形なので水に溶く必要があり、面倒なのです。携帯に不便なパー・デックという発酵調味料も却下。ペトボトルに入ったナンプラーは他の2つに比べて値段は高いけれど便利でした。特に今回はにわか雨のたびに撒き直すので、ペットボトルに入った液体は便利でした。タイの虫屋はナンプラーを使うと聞いたことがありましたが、この利便性なら納得。大量に持ち歩くのは重いので不便ですが少しならナンプラーが圧倒的に便利。

さて、ナンプラーを撒いてすぐ、チャイロフタオがやってきました。
d0147002_1804023.jpg
続いて魚眼レンズを使った、風景を入れた写真を。太陽の位置が悪く、外部ストロボの影が入ってしまいました。やっぱりこういう写真を撮るなら逆光がいいですね。
d0147002_1832130.jpg
この川で子供たちが投網をして魚を採っていたので、それも入れようと思ったのですがタイミングが合わず下流に行ってしまったようです。

ここのチャイロフタオは50頭に1頭くらいの確率で白色型が混じります。
d0147002_1863028.jpg


ラオス
[PR]
by travel-fox | 2012-05-31 10:51 | ラオス
これも早朝吸水にきていたもの。他にも一日中吸水や吸汁にきていたガの1種もいた(これは数も多く気持ち悪いくらいだった)。
d0147002_1723968.jpg
雨上がりの地面や犬の糞から吸汁する。
d0147002_1734149.jpg
よく見るとこの2個体で後翅の模様が異なる。個体変異があるらしい。

ラオス
[PR]
by travel-fox | 2012-05-29 20:59 | ラオス
d0147002_0251322.jpg
d0147002_0251569.jpg
海外でスミナガシを見るのは初めてのことだった。一般に東南アジアでも島嶼部では採り難いとされる本種だが、大陸ではまだ見られるのかもしれない。ここでは3回見ることができた。この個体はじっくりと撮影していたら飛んでいってしまった。左側の後翅が大きくかけた個体で、苦しみながら右が見える写真を撮っている。

南シャン州, ミャンマー
[PR]