タグ:月刊むし ( 3 ) タグの人気記事

ネブトを書いたついでに手元にあるノコギリを書いてみようと思う。
まず、日本のノコギリクワガタ属Prosopocoilusは3種類ということになっている。
d0147002_1245449.jpg
左:ハチジョウノコギリクワガタP. hachjoensis、中:ノコギリクワガタP. inclinatus、右:アマミノコギリクワガタP. dissimilis

ハチジョウノコギリの大歯型があったらよかんだが。。
主に書くのは次の2種。

ノコギリP. inclinatus京都市産
d0147002_1251057.jpg
一番見慣れた種。今住んでいる場所では最も身近なクワガタ。

これが九州南部でいくつかの亜種に別れ、これらの保護を目的として三島村で昆虫採集が禁止になったのは記憶に新しい。そして2009年、伊豆諸島南部亜種P. i. miyakejimaensis(阿達2009)が記載された。これは新島・式根島・神津島・三宅島の個体群である。
d0147002_12591943.jpg
ともに新島産

新島の標本が手元にある。(早く展足したい。。)これは街灯の下で採れたもの。この日は3♂1♀が得られている。普通の街灯で採れたので個体数は多いのかもしれない。miyakejimaensisの特徴は大歯型なら「大腮が太く、短く湾曲する」、原歯型なら「小歯が少なく不明瞭」だという。そこまで小さい原歯型は得られなかったので検証のしようはないが、大歯型の大腮や前胸背側縁の特徴は私の標本とも合致する。
同じ遠征で得られた伊豆大島産の標本がこれ。本土と同じくP. i. inclinatus
ということになる。小型の原歯型で、確かに小歯が明瞭である。
d0147002_139646.jpg



アマミノコギリP. dissimilis 奄美大島産
d0147002_12533928.jpg
トカラ以南の原名亜種。大型になる。個人的にはこの大腮の鋸歯が好き。

この亜種で有名なのはトカラ列島産P. d. tokaraensisで、こちらも十島村での採集が禁止されたので、飼育されたものしか所持していない。
d0147002_1311101.jpg
美しさでは日本産クワガタムシの中でも上位に入ると思う。トカラの島間でも変異があるらしい。種群の中では体サイズは小さいほう。同じサイズの奄美大島産P. d. dissimilis と比べると、このサイズでも奄美産は中歯型である。
d0147002_1316674.jpg


藤田(2009)は伊平屋島からP. d. hayashiiを記載している。南西諸島のクワガタは奥が深い。

阿達直樹, 2009, 伊豆諸島産ノコギリクワガタの1新亜種の記載, むし(463)34-37.
藤田 宏, 2009, 沖縄県伊平屋島におけるアマミノコギリクワガタの1新亜種, むし(463)38-39.
[PR]
週末の天気が思わしくなく、蝶の写真がないので書籍紹介でも。
d0147002_21134961.jpg
先週届いた『月刊むし ギフチョウ特集号6』です。これを買った目的は「ギフチョウ・ヒメギフチョウ規制情報」を知るためです。最近は条例による規制、天然記念物指定による規制、個人による保護活動など、規制にもいろいろあり、最新情報を知っておくことはトラブルなく活動するために必要になっています(特にギフチョウは)。いくら、「少しの採集なら昆虫の個体群に影響を与えない」と主張したところで、法的に縛られていては反論の余地もありませんので。

で、これを見ますと群馬県と京都府が赤く塗られています。うん?同じレベルだったかな?とよく見ますと、群馬県は「天然記念物指定」。これは採集などいっさいの捕獲ができません。沖縄県のコノハ、フタオ、北海道のウスバキと同レベルです(少なくとも法律上は。個体群レベルでどれだけ危機が迫っているかはきっと同じレベルではない)。
次に京都府をみますと、「天然記念物登録」。では京都府の登録記念物って何でしょう?
以下は京都府のサイトからの引用です。

指定要件
府登録天然記念物:動物、植物、地質鉱物、天然保護区域のうち、学術上価値のあるもの、京都府又は地域の歴史上特に意義のあるもの

主な規制内容
現状変更等の制限(府指定天然記念物の現状変更又はその保存に影響を及ぼす行為をしようとするときは、府教育委員会の許可を受けなければならない。)
1.管理・復旧(府指定天然記念物の所有者は、その管理及び復旧に当たる。所有者がない場合等や所有者・管理責任者による管理が著しく困難である場合等には、府教育委員会は、市町村等に管理及び復旧を行わせることができる。)
2.標識設置(所有者等は、管理に必要な標識、説明板、境界標、囲さくなどを設置する。)
3.文化財の登録(府教育委員会は、府内に存する指定文化財以外の文化財を登録し、その保存及び活用のため必要な措置を講ずることができる。)

指定状況
府登録天然記念物5種類(動物5種類)

府登録記念物(指定年月日)
アベサンショウウオ(S.59.014.14)
ギフチョウ(S.59.04.14)
ハッチョウトンボ(S.59.04.14)
オヤニラミ(S.59.04.14)
アユカケ(S.60.05.15)

       <引用おわり>
となっています。驚いたことに昭和59年に既にギフチョウが登録されていたんです。更に驚くことに、その後、ギフチョウに関して改正が行われていないのです。生息環境などはこの26年で著しく変化し、絶滅産地も複数あるのに、です。
しかしとりあえず、現在京都府下のギフチョウは、市町村単位の保護地域を除けば、採集しても法にひっかかることはありません。月刊むしのこの色塗りはどうかと思うわけです。

5月10日 追記
上記訂正。京都府ではギフチョウの採集は罰則を伴わない禁止であるというのが正しいようです。ご用心ください。
[PR]
by travel-fox | 2011-04-25 21:37 | 書籍紹介
最近、月刊むしのバックナンバーをあさっている。

 虫屋が実践する保全に関するシリーズや、採集に関する法令ガイドが掲載された号を優先的に買っている。

 近年、(特に人気のある)昆虫を取り巻く状況は変化している。虫屋が逮捕された事件が起こっている。法令・条例の改定を知らなければ、気がつけば法を犯していたということにもなりかねない。


 はっきり言えば、僕は虫採りくらいは自由にやりたいと思っている。昆虫も漁業権のように適切な管理のもとで続けることを提案する人もいるが、漁業と昆虫採集では採る目的が違う。食べることを目的とした川虫の採集は漁業権の取得が必要になっている地域もある。しかし趣味の世界で標本作成目的とした採集の場合、異常型その他価値の高い記録など標本が必要なこともある。これが制限されるのは望ましくない。

 標本を作る目的は「記録」あるいは「証拠」を残すことである。「○○で△△を目撃」という証言は残念ながら公的な記録とはなりにくい。よほど鮮明な写真が残っていれば別だが、軽微な異常型などの場合、詳細な写真でもなければ判別が困難なこともある。そしてそのような写真を撮るには採集する必要があることもある(その後リリースするにしても、採集という行為が認められなければ記録を残すことができなくなる)。標本はその証拠として、あるいは今後の比較を含めて貴重な資料となりうる。外見では区別のできない遺伝レベルであれば撮影では記録を残すことは難しい。

 もちろん、必要以上に採集することは戒めるべきだと思う。しかしこの線引きが難しく、いまが個人の裁量に任せているわけである。一方で法令・条例で取り締まる動きも出ている。しかしその動きは足並みがそろわず、検討しなおす方がよいのでは?と思うものもある。また、行政区によって対応が異なる場合、規制のゆるい方への負荷が大きくなることも考慮されていない。

 無用な嫌疑・トラブルを避ける上でも規制の最新の情報を知っておくことはその地にでかける際に必ず必要だと思う。
[PR]