d0147002_1237174.jpg
宣伝しときます。
SPINDA No.28
2013年5月1日 発行

ゼフィルス特集
今年はいつもの全体企画を少し練り直し,ゼフィルスに関する2大テーマを掲げ活動しました。1つは京大蝶研の機関紙にゼフィルスの記録のない7県に赴きゼフを見るというもの。まあ当然ながら京都府からは行きにくいところばかりです。続いてSPINDA No.15以降の未発表採集行を短文でまとめた「出動記」。こちらはなかなかマニアックな場所も含まれていますので玄人にもおもしろいかもしれません。その他,海外旅行記にもゼフが登場しています。

山地性のゼフやキリシマなんかはこれからなので参考にしてみてください。
お求めは京都大学蝶類研究会spinda.4649@gmail.comほか,六本脚,南陽堂,滝道昆虫,双尾Ⅱでも取り扱っています。
[PR]
by travel-fox | 2013-06-26 12:45 | 書籍紹介
d0147002_743154.jpg

関西テレビ「ピーコ&兵動のピーチケ♡パーチケ」という番組の取材がきました。

今春公開の舞台「幻蝶」に合わせて、“蝶屋”という人種がどんなものかを取材されました。

フィールドワークを取材したいとのことでしたが、この季節なので成虫採集は望めません。

オオムラサキの幼虫さがしをすることになりました。

その後、私の下宿で標本を物色し、冷凍庫や押し入れの三角紙標本に女子アナが悲鳴を上げるという構成でした。

しっかしカメラを前にすると喋れんもんですね。

女子アナの演技か本音か分からんコメントを聞いてて「プロはすごい」と思いました。

放送は2月だそうです。

持っているのはアオスジアゲハ コレクション。

小さくて分かりにくいですがいろんな遺伝型が入っています。
[PR]
by travel-fox | 2012-01-26 07:11 | 近況報告
d0147002_5175820.jpg
(kumas氏撮影)

遅ればせながら『京大蝶研の標本箱 京都府の蝶113種・国内の異常型81個体・迷蝶49個体』のお知らせです。

ここのところバタバタとしておりまして、2011年12月の発行から随分と遅れて記事を書いています。

既にどこかでご覧になったりした方もいらっしゃるかと思いますが、一応この本の編集長として何事かを書いてみます。

まず、この本のコンセプトは「標本を使うこと」です。

標本を死蔵させるのではなく、その本来の目的である記録やその証拠として世の中に出そうというものです。

そのため、重要な記録となる異常型・迷蝶に焦点を当てています。

また、「京都で活動する団体」として、京都の蝶に関する記録を残すために「京都府の蝶」を113種(載っていないのは5種のみ)、京都府産の標本で表裏図示しています

これまでの京大蝶研の会誌『ひめぎふ』~『SPINDA No.26』までに掲載された京都府産蝶類のすべての記録を、本文からの抜粋も含め再編集したCD-ROMを付けています。データ形式はEcxel, PDF, CSVなので汎用性も高くなっています。

さて、標本を使うといっても、ただでさえ壊れやすい標本をデジタルデータ化し、「残す」ためには精密な写真でなければなりません。

そこで蝶研が誇るカメラマン、kumas氏にお願いし、
鱗粉や縁毛の質感まで表現した写真を撮影していただきました。

この本に掲載されている標本写真は全てkumas氏による撮りおろしで、9月中旬からやく1カ月半の間に撮影されたものです。その仕事量は膨大で、日々新聞配達の音を聞いて仮眠をとるような撮影でした。

その画像の編集作業はまた目を覆いたくなるような細かい作業で、これはY.M, Y.N, Y.S, H.W, R.Nの画像編集部隊が奮闘してくれました。特にY.N, Y.Sの2人はほとんど全ての編集作業を次々とこなす非常に頼もしい存在でした。そして、現在鋭意製作中の『SPINDA No.27』はこの2人を中心に作業が進んでおり、近年稀にみる早い発行が期待できそうです。

『京蝶研の標本箱』に話を戻しますと、上記2つのコンテンツの他に、「重要な生態写真」の章や、会員たちのおもひで話、自慢の標本などのコラムなどが用意されており、標本写真のみの絵本ではなく読み物としても楽しんでいただけると思います。

ではここで、ページの一部をご覧いただきましょう。
d0147002_5361491.jpg
ゼフの美しさが伝わってきます。
d0147002_5381865.jpg
全国的な絶滅種の代表、オオウラギンヒョウモンもこの通り。皆さんの元で永遠にその記憶をとどめることでしょう。

本書は「南陽堂書店」様、「昆虫文献六本脚」様、「滝道昆虫」様、および「双尾Ⅱ」様でも取り扱いいただいております。
直接ご購入を希望される方は、村田(shun.parnasあっとgmail.com)までご連絡ください(迷惑メール防止のため、アットマークを平仮名にしています。)。

京大蝶研公式HP内関連記事http://spinda.seesaa.net/article/237033800.html
[PR]
by travel-fox | 2012-01-24 05:45 | 書籍紹介
d0147002_4311077.jpg
もう発売から少し経ってしまいましたが、京大蝶研の会誌「SPINDA」が完成いたしました!

Classicsを除けば過去最厚のボリュームとなっております。京大蝶研はいま、最も活気のある同好会かもしれません。今年は特別版として標本特集の別冊を企画・編集しています。

思えば、SPINDA Classicsが企画・発行されたのは2005年、私が1回生のときでした。
前年の春に新入生を獲得できなかった蝶研は、あの手この手の新歓企画を練っていたと、後から聞きました。結果、2005年には新入生は5人くらいいたと思います。その頃の活気が、Classics発行に表れているのかもしれません。

何かを成すとき、大切なのは「人」と「タイミング」だと思っています。いままたその時が来たのかなと期待しています。
[PR]
by travel-fox | 2011-07-15 04:51 | 近況報告
ラオス南部の村に滞在中に撮った写真。
村の入り口にある橋の下がいい感じの吸水ポイントになっていて、暇さえあればここで蝶を眺めていた。
d0147002_22232558.jpg
コモンタイマイ Graphium agamemnon 後ろにいるのはアリクレスタイマイG. arycles、その後ろはバイクを洗うオジサン。

d0147002_22252069.jpg
翌日同じ場所でアリクレスタイマイ2頭を撮影。
2009年10月

上の写真はSPINDA No.25の表紙になっています。
[PR]
by travel-fox | 2010-04-14 22:25 | ラオス
先週、SPINDA25号の編集が終わった。
編集長を中心によく頑張ってくれたので例年より早い仕上がりとなった。

おそらく4月の2週目にはお披露目記事をかけるのではと思う。

さて、SPINDA読者の方はご存じかと思うが、SPINDAの巻末には「日本産蝶類情報」という記録集が付いており、99年の復刊以来12年間続く長寿コーナーとなっている。これを見れば会員が一年間どこにいたかが手に取るように分かるシロモノである。(こっそり出かけてもここに載せればバレる)

この採集記録、僕たち執筆者あるいは出版する側としては「日本の蝶の公式な記録」となる情報・データと蓄積のために掲載している。例えばSPINDA24号のホシミスジの項にはこんな記録が載っている。

ホシミスジ Neptis pryeri
多数確認 5月24日 京都府京都市左京区*** (伏字)

つまり記録を出した者は「5月24日に***でホシミスジがたくさん見られた」という情報を蓄積の目的で発表している。

記録というのは各々がこうした目的を持って発表し、蓄積されたものである。SPINDAの場合は1年ごとの蓄積となる。
d0147002_0544791.jpg
図のように蝶を採集・目撃した人から情報が寄せられる。(右2つの記録は架空のもの。nllとはゼロを表す。つまりこの記録では5月26日に北区ではこの蝶は見つかっていないことになる。)

しかし、SPINDAを購読しこれを利用する場合、どんな目的でこの記録を見るだろうか。僕なら、採集・撮影に行く際の参考情報とすることが多い。その際知りたいのはポイント(場所)と発生時期(鮮度)である。つまり最もその蝶が見られそうな場所と時期が知りたいわけである。上の図の採集記録・情報を見た読者の中にはこの蝶を見に行きたいと思う人もいるはずである。ではこの3つの記録を見てどこに行くかというと、アクセスの条件を除けば記録が多いところに行きたくなるのではないだろうか。中には趣向を凝らして「記録がないところを狙う人」もいるだろうから以下のような状況が生まれると予想できる。
d0147002_05922.jpg
僕は記録内の採集個体・目撃個体数に比例して訪問者が多くなると考えている。こうして有名産地ができあがる。そしてこれまで足かせとなっていたアクセスの条件すら、年々改善されてきてしまっている。

つまり記録を出す者はそのリスクを常に意識しなければならない。

しかし記録の蓄積は少なからず科学への貢献である。訪問者の増加を恐れ、隠すことが目的がではないし、科学への貢献をやめてしまったら蝶趣味の醍醐味も半減する。すべての行為が密猟のような後ろ暗さを伴う趣味などやりたくない。

ではどうすればこの状況を打開できるのか。


もう一度上の図を見てほしい。確かに左京区(多数)に対して、右京区の1頭はポイントの厚みとして魅力に欠けるかもしれない。だが、この記録から左京区と右京区のポイントの差を読み取るのは早計である。右京区で1頭採集されたことはイコール「1頭しかいない」ではない。たくさん群れ飛ぶ中の1頭を採集した記録かもしれないし、10頭いるところに10人の蝶屋が来て1人あたりの採り分が1頭となるような有名産地なのかもしれない。実際、後者のような産地は存在する。これまでの記録の出し方ではこれを判じることができない。もちろん、1頭という数字しか記録に出さないことで、その後の採集者の集中を避けているかもしれないが、その採集者は代わりに左京区のポイントに押し寄せそうである。記録の出し方を考え直せば何かが変わるかもしれない。

先に、記録の要素は詰まるところ「場所(ポイントの規模)と発生時期」だと書いた。これを正確に記述する方法を僕は1つ考えている。しかし日本の蝶を取り巻く状況はこれを実験的に行うにはあまりに危険なので、後続の採集者が集中する恐れの少ない海外の蝶について実行するつもりである。
[PR]