ネブトクワガタ八丈亜種

d0147002_214528.jpg
スダジイの根元にいた♂

ネブトクワガタは八丈のクワガタの中で基亜種との区別がつきにくいクワガタだと思う。樹液にくることはなく、発生木周辺で一生を終えるという生態は本州に見られる基亜種と異なる点だが。。
シイの大木の根元にはフレークという腐葉土のようなものが溜まっていて、ネブトの発生源になっている。表土を少し除くだけでネブトの幼虫が現れたのには驚いた。フレークは思ったより浅いらしい。だからこそフレークを持ち去るとムシの発生に打撃を与えるのである。表土の中には去年の成虫とみられるネブトの翅もでてきた。ここで一生を終えたのだろうか。

【八丈町】
[PR]