プラテニーキシタアゲハ♀

d0147002_4312219.jpg
パラワンアカエリ撮影が済み、再びクレオパトラの棘を登った。この日は前日よりもさらに高いところまで行き、急斜面のコンロンカで蝶を待った。このコンロンカ、樹高は10メートル以上あるのだが、斜面を登れば花と同じ高さに行くことができる。少し距離は離れるが、望遠レンズなら何とかなる距離である。

数が多かったのはプラテニーキシタアゲハTroides rhadamantus plateni。フィリピンキシタアゲハの1亜種という扱いだが、あまりに特異なのでプラテニーキシタ、とまるで別種のように呼ばれている。主な特徴は♂の後翅が黒化することである。確かに飛んでいると真黒な蝶に見える。しかし、そんな♂は花には興味を示さず、素通りすることが多かった。やっと新鮮な♀がやってきて、長い間吸蜜してくれた。
[PR]
by travel-fox | 2011-10-03 10:00 | フィリピン