キリシマミドリシジミの卵を拡大

d0147002_20575524.jpg
ゼフの卵は一眼に100mmマクロをつけていっぱいまで寄って撮影していたが、これでは雰囲気は出ても細部の描写が足りず、不明卵の同定には使えなかった。双眼実体顕微鏡を持つ後輩の協力を得て拡大写真を撮ってみた。これは練習用に撮ったキリシマ。この後、補助光の角度などを調整してミクロパイルの模様まで何とか判別可能な写真を撮った。
双眼実体顕微鏡の接眼部(片方のみ)にコンデジのレンズを押し当ててマクロモード・オートフォーカスで撮影。やや視野が狭くなるものの、こんな雑な方法で拡大写真が撮れるのにビックリ。画質を考慮すると「そりゃ専用のスコープが必要だな」と思うが、用は足せた。
ちなみにここのキリシマはアカガシとツクバネガシを利用していた。ツクバネから採るのは初めてと思って期待していたが、気づかぬうちに2種から採っていたらしい。そういえば葉が細長かったかな。
[PR]